ベビーシッタートラブルに備える

チャイルドマインダーとの違い

チャイルドマインダーとの違い

チャイルドマインダーとの違い どちらも子供の世話をするという点では同じですが一番大きな違いはチャイルドマインダーはプロフェッショナルな資格という点です。日本では民間資格ですがイギリスでは国家資格で歴史も古く職業として確固たる地位を築いています。日本ではまだこの2つの言葉は同じような感覚で言葉を使っていますが、海外ではアルバイトとスペシャリストといった明確な違いがあります。

あとベビーシッターは幼稚園や小学校の教員資格を持つ人が望ましいと言われていて基本的に資格がなくても働くことが出来ますが、チャイルドマインダーは資格が必要です。だから後者の方がよりグローバルな活動をすることが出来ますし、給料面で見てもベビーシッターの方が給料設定が少し低いと言えるでしょう。なのでより本格的に取り組みたい人にはベビーシッターはお勧めできません。他にもベビーシッターは自宅訪問型の仕事なのに対して小規模な施設に子供を集めて世話をするなど保育の形態が様々なのも特徴と言えます。

ベビーシッターとチャイルドマインダー比較と相違点

ベビーシッターとチャイルドマインダー比較と相違点 どちらも子供を預かる仕事であるため混同している人も多いベビーシッターとチャイルドマインダーですが、双方とも民間の資格という共通点があるものの、比較すると相違点がいくつかあります。

その大きな違いはベビーシッターは無資格でも仕事をすることが可能であることです。そのため、組織に所属せずに個人でもアルバイト感覚で働くことができます。基本的に訪問保育となっており、依頼者の自宅の掃除や買い物を含む家事代行など、子供の保育には直接関係しない仕事も依頼されることがあります。

一方のチャイルドマインダーは無資格では仕事ができないため、ベビーシッターと比較して資格が厳格化されていることが特徴です。また、訪問保育ではなく自宅を保育スペースとして利用することができるため、子供の保育のみに焦点を当てた仕事と言うことができます。更に、預かる子供に規定がないベビーシッターに対して、最高4人までという規定があることが特徴です。